SPS接合技術

SPS法の接合技術への応用


放電プラズマ焼結(SPS)技術は、接合分野においても優れた特性を発揮します。同種材料間の接合はもちろん、異種材料間の接合、例えば、一般に接合が困難とされるステンレス鋼とアルミ合金、銅とチタン合金、金属とセラミックスなどの接合も可能です。

SPS接合(パルス通電接合)では、粉体を一切使用せず固体と固体とを直接接合する固相拡散接合が代表的ですが、粉体を用いた焼結接合、薄体を用いた薄体接合、傾斜組成構造を利用した傾斜接合など各種接合法があります。


SPS接合技術の利点


  • 母材強度と同等の接合強度が可能
  • 同種材料間、異種材料間の接合が可能
  • 直接接合が可能
(ろう付け、溶接、接着剤などを用いない接合が可能)
  • 融点が大きく異なる材料の接合が可能
  • 短時間での処理が可能
  • 熟練度不要の加工技術
  • 低廉なランニングコスト

【静的引張試験結果】


【衝撃引張試験結果】

【冷却流路内蔵金型・ダイカスト】

ステンレス(SUS)+銅

アルミ+鋼

超硬+SKD

アルミ+真鍮+銅

【異種材接合】

細管の接合

鋼球内蔵接合

異形材接合

磁性体+非磁性体

【様々な接合の可能性】